妊娠線気になりますよね。みんなそうなんです!!

妊娠線はできると、二度と消えることがない!?
妊娠線,肉割れ,妊婦さん,予防,クリーム

妊娠線とは、妊娠中、急激にお腹が大きくなるになるためにできやすくなる肉割れを妊娠線といいます。

妊娠線は一度できてしまうと、二度と消えることがないといわれており、一度できはじめるとスイカの皮のように増殖してしまうのが難点です。

妊娠線予防はクリームを使っていれば、妊娠線が絶対にできないと言うことはありません。

妊娠線を予防する為にも妊娠線予防クリームを使ってしっかりと対策をしておく必要があります。

自己流でクリームを塗っていると、見落としていた場所に突然妊娠線ができたり、臨月で気を抜いただけで妊娠線ができてしまったりします!

そのためには、正しい知識を知って、正しい塗り方で妊娠線予防クリームを塗ることが重要なのです。

自己流で妊娠線予防ケアを続けて、失敗して思ってもみなかった所に妊娠線ができてしまったというママの話をたくさん聞いてきました。

出産後に後悔しないためにも、妊娠したらすぐに妊娠線予防をはじめていきましょう!

妊娠線っていつから予防したらいいの?

妊娠線が出来始めるのは、個人差が大きいようですが、妊娠中期から後期にかけて徐々に、あるいは突然にでき始めます。「まだまだ大丈夫」なんて、油断は大敵!1990年代では、初めての妊娠で70%、2度目以降の経産婦では全体の86%以上の妊婦さんが、妊娠線を経験していました。

では、妊娠線を予防するには、いつ頃から何を始めればいいのでしょうか?

妊娠初期の最もデリケートな時期には、何か新しいことをするのは、あまりお勧めできません。妊娠線予防もやれることは限られています。その少ない予防法の中の1つが、クリームや乳液などで保湿をすることです。

妊娠線の予防は、何も変化が起きていない時期から始めるのが、最も効果的です。ですので、妊婦さんだけでなく妊活中の人も、その日のために、早めのケアを始めてください。

ただし、妊娠初期の4週から15週目(妊娠2か月から4か月目)までは、匂いに特に敏感になっているので、保湿剤を選ぶときには注意しましょう。赤ちゃんのことを考えると、無添加無香料が望ましいですよね。

16週目(妊娠5か月目)になると、安定期に入るので、ここから妊娠線予防を始めようという人もいます。マッサージやマタニティー・エクササイズなどは、まさにこの時期が最適ですが、早い人ではすでに妊娠線が出てしまっている人もいるのです。

そう考えると、むしろクリームによる予防は、妊娠する前からでも、早過ぎるということは無いと思いませんか?もちろん、現在妊娠中のあなたも、ここを見て気にしているくらいなら少しでも早く始めることをお勧めします。

新米ママの使ってよかった!
妊娠線予防クリームランキング
http://www.vaccinetimes.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA